バイク処分の手続き紹介

バイク処分に関する情報サイト

排気量126cc以上のバイク処分の陸運局での手続き

排気量126cc以上のバイク処分の陸運局での手続き バイク処分の時の陸運局での手続きは、排気量126cc以上から250㏄以下と250㏄以上に分かれていますが、陸運局に持ってい行くものは同じで、以下の3つになります。
それはナンバープレートと印鑑(認印でも大丈夫です)、軽自動車届出済証です。
住所が変わっているようなら住民票も必要になります。
250㏄以下のバイクの一時的な廃車手続きなら「軽自動車届出済証返納証明書交付請求書」が、永久的なら「軽自動車届出済証返納届出書」を陸運局でもらいましょう。
250㏄以上のものを陸運局でバイク処分するときの以下の書類、軽自動車税申告書と申請書、手数料納付に関しては陸運局で用意することが出来ます。
これらを作成すればバイク処分の手続きは完了です。
しかしこれらの書類を記入するのは難しいので、近くに「代書サービス」をしてくれるところがあるのでそこを利用すると手続きはスムーズに進みます。
代行手数料は3800円掛かりますが、バイク処分に関する書類はすべて作ってくれます。

バイク処分その後の流れ

バイク処分その後の流れ 不要なバイクを手放すときは、廃車手続きが必要になり、手続きの難しさをイメージする方もいます。
全体の流れを博して、基礎知識を身に付けているとスムーズに手続きを進められるようになります。
保険の解約を行うことも大事なポイントであり、早めに手放すことで保険料がいくらか返ってくる可能性もあります。
バイク処分が手間に感じる方もいますが、面倒な手続きも丁寧に進めてくれるサービスを見つけることができます。
面倒に感じることをスタッフに代わりに進めてもらうことにも注目することで、簡単に不用品の片付け作業を進めていけます。
バイク処分を進める前に、買取サービスを利用することでお得に不用品を手放せるようになります。
買取金額だけではなく、面倒な手続きをスタッフが代わりに進めてくれるサービスを見つけることも大事なポイントです。
サポートが充実していることが分かれば、安心感を持って廃車手続きを進めることができるようになります。

新着情報

◎2023/11/16

情報を更新しました。
>バイク処分に伴うトラブルについて詳しく知ろう
>バイク処分に必要な書類はバイクの排気量によって異なります
>バイク処分を行う際の年齢には制限があることに注意
>バイク処分はオンラインでも行うことができます
>バイク処分の廃車手続きと一括査定のメリット

◎2023/01/18

情報を更新しました。
>無料査定すると家に勝手に押しかけてくるバイク処分会社は危ない
>バイク処分の方法はバイクの排気量で微妙に変わってくる
>バイク処分後に軽自動車税の納税通知書がくることがあるのはなぜなのか
>ローン未払いのバイク処分はどのように行うのか
>長年愛用したバイク処分の際は自己負担の有無の確認を

◎2022/3/17

情報を更新しました。
>バイク処分をスムーズにするための必要になる書類
>バイク処分と買取相場とプレミア化について
>交通事故車のバイク処分の3つの方法について
>バイク処分は行政上ゴミとして処分できるのか
>バイク処分をする際に高額査定のチャンスが発生

◎2021/8/23

陸運局で手続きが必要
の情報を更新しました。

◎2021/5/27

警察で受理番号をもらう
の情報を更新しました。

◎2021/3/31

サイト公開しました

1人必要な排気量としては長距離、というか高速道路としては、250ccでも可、400ccあれば十分ってイメージ。 大型とかリッターなんかは寧ろ有り余る出力で常に余裕なドライブって認識。もちろん長距離がより快適なバイクが大型にはあるけどロマンな所が大きいって考えてもらうと良いかも。…
-->
Copyright (C) 2021 バイク処分の手続き紹介. All Rights Reserved.