バイク処分の手続き紹介

バイク処分に関する情報サイト

警察で受理番号をもらう

警察で受理番号をもらう 不要になったバイク処分は、バイクの種類によって廃棄の手続きなどが少し違います。原付などは業者へ依頼するときは委任状と軽自動車廃車申告書兼標識返納書に登録した名前や住所などを記入してから、引き取ってもらいます。
この時に用意しないといけないのが、標識交付証明書・ナンバープレート・印鑑です。標識交付証明書は紛失していても大丈夫ですが、紛失や盗難などでナンバープレートがない時は、最寄りの警察署で紛失届・盗難届を出してから、受理番号をもらいます。
バイク本体はあっても、プレートだけが盗まれてしまったときは市役所で返納手続きをするときも、先に警察へ被害届を出さないといけません。
この時に、受理番号・届け出日・被害日・届け出警察署・盗難にあった場所・届け人を、バイク処分の業者へ知らせます。これらの手続きが難しいときには、先に業者へ依頼することで代行してくれます。
プレートだけ盗まれることは稀だと言えますが、バイクが盗難されたらまずは警察署へ届け出ることが大事です。

原付バイクのバイク処分は役所で手続きを行います。

原付バイクのバイク処分は役所で手続きを行います。 バイク処分は、ナンバープレートの返納を行う手続きのことを指します。バイクの種類や排気量に応じて手続きをする場所が変わってきます。
原付バイクと125cc以下のバイクの廃車手続きは各市町村の役所で行います。各自治体にある廃車申請書に必要書類を記入して、持参したナンバープレートと一緒に提出して、廃車証を受け取るだけであるので短時間で完了します。
必要な持ち物は、ナンバープレート、バイクの購入時にもらった標識交付証明書、印鑑、廃車申告書です。廃車申告書は、各地域の自治体の窓口で受け取るか、または自治体のホームページから申請用紙をダウンロードすることが可能です。
また、バイク処分の抹消登録には、永久的にバイクを使わない「永久抹消登録」と一時的に運転しない「一時抹消登録」の2種類があります。一時抹消登録には、再度登録を行う時に必要となる「廃車証明書」が発行されるので、紛失しないように大切に保管しておく必要があります。

新着情報

◎2023/11/16

情報を更新しました。
>バイク処分に伴うトラブルについて詳しく知ろう
>バイク処分に必要な書類はバイクの排気量によって異なります
>バイク処分を行う際の年齢には制限があることに注意
>バイク処分はオンラインでも行うことができます
>バイク処分の廃車手続きと一括査定のメリット

◎2023/01/18

情報を更新しました。
>無料査定すると家に勝手に押しかけてくるバイク処分会社は危ない
>バイク処分の方法はバイクの排気量で微妙に変わってくる
>バイク処分後に軽自動車税の納税通知書がくることがあるのはなぜなのか
>ローン未払いのバイク処分はどのように行うのか
>長年愛用したバイク処分の際は自己負担の有無の確認を

◎2022/3/17

情報を更新しました。
>バイク処分をスムーズにするための必要になる書類
>バイク処分と買取相場とプレミア化について
>交通事故車のバイク処分の3つの方法について
>バイク処分は行政上ゴミとして処分できるのか
>バイク処分をする際に高額査定のチャンスが発生

◎2021/8/23

陸運局で手続きが必要
の情報を更新しました。

◎2021/5/27

警察で受理番号をもらう
の情報を更新しました。

◎2021/3/31

サイト公開しました

1人2代目のトンネルです。この右側に初代のトンネルがあります。 事務所先のチェーンの南京錠のカギ開けないと車は無理です。俺はいつもバイクで。カギは確か役所で申請して借りるんだと。どうしても車なら現場事務所に聞くと分かると。 車は四駆の方がいいかと。

買っちゃった・・・汗 ⇒

ファミバイ特約、付加完了。月曜、バイク届いたらまず役所までダッシュだなw

もう一個前行けや!!って、、、え?まぁバイクやし2列の駐車場やったからそのまま前(要は反対側から停めるところ)行けたけど何でやねんしるか!で悪態つきながらどっか停めに行ったんやけどもここからがw 役所入って用ある窓口行こうと思って迷ってたらベンチにそのジジイ座ってたからおいいきなり

-->
Copyright (C) 2021 バイク処分の手続き紹介. All Rights Reserved.